チラシ印刷サービスアタマ

通販じゃないことでかかるコストとは?

1月 29th, 2014 by writer

印刷通販も当たり前になってきました。

全国からの依頼を請けている企業も多くなり、必ずしも地元で配送ができる企業や団体相手の仕事だけがうけられるということでもなくなっているのです。

さて、通販じゃないことでかかるコストについて考えたことがあるでしょうか?

前に当たり前に行ってきたことを例にあげてみますと、印刷会社に直接足を運んで依頼をする。初めての依頼なら原稿やデータの話、打ち合わせをする。クライアントの所に伺ってそれを行う場合、または逆の場合、どちらにも時間を拘束されるということとそこまで行くための交通費がかかってしまいます。

打ち合わせも済んで入稿したものに対し、OKを得るために試し刷りの確認を行います。もちろんそれも直に担当者にお会いしてというふうになりますので、そこでも時間が拘束され交通費がかかります。なんどかやり直しがあればその数のぶん、経費が飛んで行くのです。

完成したら印刷会社の営業マンが配達してくれる。

こちらはクライアント側に経費がかかることはないですが、タイムロスが出ることがわかるでしょう。お互いが同じ机に向かってやる作業が多いからです。

デザイン会社も含めた話し合いならもっと時間がかかると言っていいでしょう。

ネットでコスト削減をしよう

12月 26th, 2013 by writer

印刷通販を活用することで、交通費などが削減できます。

他には通話にかかる費用が不要となります。メールを介すればどれほどやりとりをしても料金が加算されることもありません。ただし、スマートフォンや携帯電話ではなくパソコンから行った場合で、携帯端末を使うとデータの容量によってはかなりのパケット数となります。

他に削減できるものは広告物を作る段階でも可能です。デザインを誰かに作ってもらう、あるいは専門の広告代理店にお願いするという時もネットで探してパソコンメールなどで打ち合わせ、仕事の依頼などが出来ます。ここでも交通費などを削ることが出来ますよね?

さらには、魅力的なキャッチコピーを作ってくれるコピーライターを探すことも可能です。ネットでは専門の腕を持った方が個人でも仕事を請けているのです。文章が必要ならライターを探せばよいでしょう。ライターはネットで仕事をされている方がかなり多いようです。

広告物の校正から完成まで、全てをインターネットを使ってできるというのは素晴らしいもので、打ち合わせでも直接会わずにすみますので時間の削減にもつながるのです。今はそうやって仕事を進める事が多いため地域に限らない仕事が可能となっています。

通販はこれからもっと拡大する

11月 29th, 2013 by writer

広告費も印刷通販で使える時代となりました。

通販というと怪しい商品を売る。
という認識はもう消えています。
以前だと有名なものが安心できて信頼できる、というイメージがあったのですが、今現在、新聞広告などから商品注文をされている高齢者も多くなっているのです。

お店に行かなくても買い物ができる。高齢者にとってはとても助かるもので、自宅でそれが行え、さらにはフリーダイヤルで返品まで可能となれば安心して買い物ができるのです。

かなり昔、電話で注文を受けて商品を配達してくれるスーパーがありました。でも利益には結びつかなかったのか一時は廃れたのです。でも今日現在、大手スーパーでもオンライン注文を復活させています。主には離島の方がそれを便利に利用されていると聞いています。

あなたの商売で通販が可能なら、広告をうって役立ててみてはいかがでしょう。通販ならあなたのお店がある周辺だけにチラシを配布するのではなく、全国規模で商売をすることができるのです。

反応を見るために田舎あたりに折込チラシを配布してもよいと思います。配送手段はたくさんありますのであなたの会社では発送手配をすればいいだけなのです。通販はこれからますます拡大しますので考えてみましょう。

コストを浮かせるならネットを利用して

10月 31st, 2013 by writer

かかる経費を浮かせたいのなら、印刷通販は大変便利なものです。

時間も費用に換算するとかなりのコスト削減につながるのですが、ネットを使いこなすことであらゆる部分でそれが可能となります。

事務用品だってそうしていませんか?今はわざわざ買いに行かなくても注文するだけで早ければその日に届けてくれますし、オフィスで仕事をしている方が外に出る用事も少なくなってきます。銀行だって記帳や窓口でやらなければならないこと以外はネットバンキングサービスを利用することが可能です。それによって決済も入金確認もオフィスに居ながらにして出来ます。お客様への対応も迅速スムーズにいくというわけです。

銀行の場合手元に現金が必要という時以外は出向かない。今はそんな時代ですし、書類の発着も郵便局に行かなければ出来ないというものではありません。ただ、不特定多数の消費者に向けたものなら足を運ぶこともありますが、印刷会社からDMやはがきが届いたら運送会社に集荷依頼をすることで出向かなくてもいいのです。

集荷依頼だってネットでできるって知ってましたか?大手ならすでに導入されているシステムですので使わない手はありません。荷物の追跡調査だって電話をかけずにすみますのでコスト削減につながるのです。

まとめることで安くなる

9月 30th, 2013 by writer

印刷通販を行っている会社でもやっていることだそうですが、まとめることで安くなるというもの。

例えば通販をする場合まとめ買いすることで送料が無料になったりしますし、ネットショップではある程度の人数が購入することで売値が落ちる方法を用いていたりします。

要は、仕入れをたくさんすることでコスト減をはかり、それを消費者に提供しているということなのです。

安いから質が悪い。

昔ならそう考えて当たり前だったかもしれません。大手企業やグループ企業だと昔から行われていたことでは有りますが、多種多様な商売の仕方が中小企業レベルでも行えるようになったため、質の良い物がやすい価格で手に入るようになったのです。これは個人レベルでも可能となったのです。

安い理由を調べてみましょう。

納得ができるもので、仕組みがわかればそこから買い物をしていくことでしょう。

多くの方が利用をし続けますので、消費者還元をもっと考えるようになるのです。印刷会社だってたくさんの個人や企業から注文を受けることでもっと安く提供できますし、コスト削減のことも考えていきます。

ほそぼそと地域密着型でサービスを提供しているところもあります。そこはそこで、かゆいところに手が届く、すぐに駆けつけてくれるというメリットはあります。

通販と決済

8月 30th, 2013 by writer

ネット通販で買い物をすると決済方法が増えていることが分かります。

カード払いだと即決済することができ、商品が届いてからの心配は有りません。

でも最近多くなったのが後払いシステムで、後払いシステムではコンビニや郵便局などで支払えるような支払書などがついてきます。場合によっては後でそれだけが発送されてくることも有りますが、それは決済代行会社がやっているものだとわかります。独自で回収をする事務手続きなどが面倒だと、決済代行会社を利用しているのです。そこだと支払い遅延をわざわざチェックしなくてもいいからです。

印刷通販の場合には直でやりとりをしています。細かな発注を受けないことから、代行会社に頼るメリットは殆ど無いからかもしれません。代行会社を利用しているネット通販では商品数が多く、商品金額の小ささ、それから購入者の多さから細かくなってしまうために代行会社を利用しているのです。

代行会社を利用して買い物をする場合、上限があるのを知ってましたか?うろ覚えですが、それで買い物ができるのは5万円ちょっとだったと思います。それを超えると代行会社を利用しているショップでの買い物はできないということになり、カード決済じゃないと商品が買えない仕組みとなっているようです。

ネット初心者に担当をさせない

7月 20th, 2013 by writer

ネットに慣れていない社員やスタッフに、ネットを使った仕事を依頼しないことです。

検索の仕方がわからないことが多く、印刷通販を探すように言われても希望する情報を探すことができなかったりします。例えば、コスト削減につながるための低価格ランキングを出すこともできません。沢山の会社のURLを集められても困りますのでまとめられなければならないのです。

また、ネットでの買い物では送料がネックになることもあるのですが、それを考えずに情報を探すこともあります。結局高い買い物をすることだってあります。何度か経験をしていないとそこまで考えられないのです。安いランキングをつくった際に送料はいくらというところまで出さなければなりません。

正しい情報を集めるだけではありません。まとめられるということもやって貰いたいはずですので、そこまで出来る人材に調べてもらいましょう。

昔はメールのみをネットで使うだけでしたが、今は仕事に必要なこともネット閲覧をして仕事に活かせる時代です。遊びで使ってはいけませんが、情報の処理方法もパソコンででき、資料作成をしアウトプットまでできる人材は不可欠となっています。チラシだってワードやエクセルで作れるという社員も魅力ですね。

怖いならまずはネットで買物をしてみよう

6月 12th, 2013 by writer

ネットで買物をすると騙されると思っている方は未だいるようです。

確かに商品を見ることも手にとることもできませんので、初めてだと躊躇してしまう可能性がありますし、まずはオークションからと思ってそこから買われる方も居ます。個人だと安心感があるから何でしょうかね?

でも一度買い物をすると慣れますし、発送から到着までの時間はかかってもきちんとした商品が届くのだということを知ります。決済だってラクラクです。これは印刷通販でも同じで、安心した取引ができるというわけです。

オークションだと信じられないようなボロい商品を出品されている方も居ます。でも目安はその方がそれだけの評価を受けているかということです。中古品の場合には個人の見る目が違いますし、価格の相場は定価格とはなりません。中古の場合レアものだと定価をはるかに超えるお値段で流通していることはざらにあるのです。

ネットで買物では失敗も経験するでしょう。うっかりと送料を見逃すなどもそれにあたります。相手が企業の場合にはあまり失敗することは有りません。印刷なら入稿データを間違いさえしなければトラブルはないかと思います。ネットだからといって怖いことはないんですよ。

ネット通販に慣れた社員に担当してもらう

5月 13th, 2013 by writer

分担して仕事を任すことが可能なら、印刷通販で広告物を依頼するなら、ネット通販に慣れた社員に担当してもらうのも良いと思います。

ネット通販では買い物で損をする方も居ますし、インターネットの使い方に慣れていない方だと、安いものを探すことができない、本当はそのような買い方をすべきではないということが分からなかったりします。

安いものを探す場合、どのように検索したらいいのかというスキルが必要ですし、商品がきちんと注文されているのか、決済はどのようにしたらいいのかがわからないと、ちゃんと注文したからといっても、先に進んでいない場合もあるのです。素人だとありがちなことなのです。

分業して仕事を進める場合、ミスが起こりがちです。でも社員で情報を共有することでミスを防げる場合もあります。メールを送信するのならBCCの機能を使うことで、どのようなメールを送信したのかが分かりますし、返信があった時も社員全員にそれを配信することでミスを防げてしまいます。責任者だけではなく経営者にも送る癖をつけると間違いは少なくなります。

分業をしてネットを使ってのやり取りを専門的にやってもらう社員がいるなら、そのように仕事を進めてください。

人員を減らす社会

4月 17th, 2013 by writer

沢山の人が働いていた会社でも機械が人の手に変わったため、人材を減らすようになりました。その後、アウトソーシング化を測って、外部から派遣スタッフなどを入れたり他企業を入れることでコスト削減に務めるようになりました。現在でもその形は変わっていません。

寂しくなるような話をしましたがそれによっての恩恵は得られている部分はあります。

例えば印刷通販会社なら中間に業者を挟まないことによって激安価格でサービスを提供するようになりました。これは発注する側としてはとても有難いことです。

なぜ中間業者を挟まなくていいことになったかというと、宣伝もホームページを使って独自で行えるためです。何も宣伝をしてくれる会社を挟まなくてもいいということがわかったのです。

通販会社も同じだと思います。

昔の考えとしてはテレビで大々的に広告している会社のほうが信頼出来る感がありましたし、実店舗があって商品を手にとって見ることでの安心感がありました。でも今は違います。

ネットでの口コミでは実際に使った方の生の声が反映されています。返金保証付きという商品も登場しているため安心して買い求めることができるようになったのです。

通販会社では中間卸売業者をはさみません。そのために安い価格で提供することができているのです。